マレーシアのベルジャヤアセット(BJAB)企業解説

ベルジャヤ財閥グループのBerjaya Assets Bhd(BJAB)では、第4四半期で
2293万リンギの純利益を出し、前年同期比+156%増でした。
娯楽事業の売上が貢献したとしています。
売上では+2%増の1億649万リンギでした。
通年での業績は売上4億1940万リンギ、純利益で4390万リンギでした。

ベルジャヤ財閥グループのBerjaya Assets Bhd(BJAB)では、第4四半期で
2293万リンギの純利益を出し、前年同期比+156%増でした。
娯楽事業の売上が貢献したとしています。
売上では+2%増の1億649万リンギでした。
通年での業績は売上4億1940万リンギ、純利益で4390万リンギでした。

同社はマレーシア国内で娯楽事業、その関連事業、不動産開発事業を行っています。
宝くじ事業、テーマパーク事業、商業施設事業、駐車場事業、同社の旧社名は
Matrix International Berhadでした。

2013年期はNatural Avenue Sdn Bhdからの娯楽事業の業績が改善され、商業施設
Berjaya Times Square Sdn Bhd社の貢献もありました。
高く設定した賃料、波止場事業など、ホテル事業であるBerjaya Waterfrontなど
で収益を回復しています。
2015年度もこのペースで進むとしています。