シンガポール 労働ビザの最低給与引上げ

タイでは日本人は毎月5万バーツ以上の最低給与が労働許可証
(ワークパーミット)の発行条件となります。
2011年度3月から見直し政策が話題となり
専門職ビザに関して基本給与最低ラインを+7%引き上げるとしています。
また今後学歴、職歴審査もより厳しくしていくとしています。
専門職対象パス Q1
技術職専門パス P2 
の2種類でそれぞれが 
Q1の月給の最低ラインが2800Sドル→3000Sドル へ 
P2の月給の最低ラインが4000Sドル→4500Sドル へ大幅アップされます。

シンガポールでは東南アジア展開する企業が集まり、不動産価格の高騰、
賃金コストの上昇、外国人の流入が増加傾向にあり、その引き締め政策として
今回の労働ビザ+7%増加につながっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。