タイ アジアンプロパティ(AP)

不動産大手のアジアンプロパティ(AP)では
プレセールス予約販売額の目標を140億から180億バーツへ上方修正しています。
副CMOのVittakarn Chandavimol氏がプレスリリース内で発表しています。

4月期、5月期は大規模な政情不安が発生したものの、不動産市場は好調で
2010年度上半期は80億バーツほどになり、好調だったとしています。

2010年後半期も積極的な販売攻勢と新規プロジェクトの発表は継続するとしていて、
17の新規不動産プロジェクト総額260億バーツだったものを
23プロジェクトへ修正。
純利益も増加する見通しであるとしています。

好調さを示す一例として
バーンクランクルンサトーンでは9億バーツの販売予約済みで、
6月12日から販売予約開始で90ユニットのうち、83ユニットは販売予約されています。