ラオス・カンボジア

両国の証券取引所設立へ向けて動きが本格化しています。
当初のスタートは数社から開始される見通しです。

カンボジア・ラオス証券取引所ともに韓国証券取引所(KRX)との合弁企業に
なっています。
上場企業はインフラ整備のプロジェクトなどを関連する企業が多くを占めています。

ラオスでは、2011年の取引開始するとしていて、各証券会社が誕生しています。
ベトナム・サコムバンク証券Sacombank Securities とLao Development Bank
との合弁で、Lanexang Securities Public Company Ltd を設立しています。

また、Banque pour Le Commerce Exterieur Laos(BCEL)とタイの
KZ-SEAMICO証券は証券会社the BCEL Krungthai Securities Company Ltd
を設立しています。
Banque pour Le Commerce Exterieur Laos(BCEL)はラオス国営の銀行の大手
になります。

ラオスで上場見込みの企業では
ラオス電力公社、ラオス外商銀行、ラオ・ビール、ラオス航空などの6社が
予定されています。

カンボジアでの証券会社では
金融機関で カナディア銀行、トンヤン証券、CIMBグループ、OSKグループなどが
候補として上がっています。

上場見込みの企業ではテレコム・カンボジア、カンボジア湾岸管理、飲料水大手などの
企業が候補として上がっています。

共有のお願い

この情報はあなたのお役に立ちましたでしょうか?もし少しでもお役に立てられましたら、他の方にも下のボタンから共有をお願いします。

PinIt
ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

情報提供: ASEAN JAPAN CONSULTING株式会社

タイ・アセアンへ進出する日系企業のための市場調査やマーケティング業務を支援しています。掲載されたニュースや調査結果よりも更に詳細なレポートやオーダーメイドの市場調査、ローカル企業やM&A候補企業とのビジネスマッチング事業も展開しています。2015年のアセアン経済統合に向けた各国のネットワークにも強みがあります。 詳しくみる

タイ・アセアンの最新ビジネス情報をいち早くキャッチするには?

1,Twitterをフォローする。2,FaceBookの「いいね!」を押すという2つの方法で、アセアン各国から現地で集めた最新のマーケティング・ビジネス情報をキャッチすることができます。