イオングループ、タイ企業もカンボジア出店

イオン株式会社及びイオンモール株式会社は、2012年12月に
カンボジアにおける1号店となるショッピングセンター「イオンモールプノンペン」
※運営会社Aeon Mall (Cambodia) Co., Ltd.
の起工式を開催。2014年の開業に向けた建築に着工しています。

カンボジアで初めて出店するAeon Mall Phnom Penhには
タイ企業大手も参加すると発表されています。

タイの映画館事業最大手のメジャーシネプレックス(MAJOR)が
カンボジア最大のシネコンを開業します。
同社の2012年度の売上は69億6,500万バーツ(前年比+3.2%増)
純利益で7,558億バーツ(前年比マイナス5.8%減)でした。

消費財大手・サハグループの衣料・化粧品製造のICC
インターナショナル(ICC)も参入します。同社の業績は1~9月期で
売上105億3,200億バーツ、純利益7億3,900万バーツでした。

日本のとんかつで大手のまい泉とタイ事業で提携進出している
S&Pシンジケート(S&P)も進出します。同社業績は
2012年度1~9月期の業績は売上48億200万バーツ、
純利益で5億1,500万バーツでした。
またタイの地場コーヒーチェーン大手のブラック・キャニオン(タイランド)
などもカンボジア出店する計画です。

イオングループはカンボジアでの進出を積極的に進めていて
2011年8月に AEON Mall (Cambodia)Co.,Ltd.「イオンモールカンボジア」)
2012年8月に AEON (Cambodia) Co.,Ltd. 「イオンカンボジア」)を設立。

2011年10月よりイオンクレジットサービスブランドとして割賦販売事業を
AEON Microfinance (Cambodia) Co., Ltd社名で展開しています。