タイ デジタルメディア

2012年度はよりオンライン広告、デジタルメディアへの広告予算が増加すると
見られています。
Facebook やYoutubeなどがメインであると地場広告代理店のThomas Idea社が
コメントしています。

CEOのUraiporn Cholsirirungskul氏はタイの地場企業はまだ他の先進国などに
比べてまだまだオンラインへの広告費投入をおこなっておらず、アメリカ
(総広告予算の30%)日本(総広告予算の26%)などになっていてすでに
ブランド構築には欠かせないマーケティングツールになっています。

新聞やTV媒体に比較して広告予算から結果の算定がしやすく、若年層を中心に
大きく伸びてきているとしています。

またThomas社では2012 digital marketing trendsを発表していて
スマートフォンやタブレット型PCからのソーシャルサービスへのアクセスが
大きく伸びていることを指摘。
タイも2011年度は総広告費の5%しか満たなかったものが2013年度までに15%
まで急増するだろうと予測しています。

タイには現在1330万人のフェイスブックユーザーがいて、2010年度の610万人
から大きく伸びています。
年齢構成では
34%  18歳~24歳
29%  25歳~34歳
ツイッターでは85万人の利用者がいてYoutubeには1日500万人が視聴している
としています。