タイ アユタヤ銀行(BAY)

タイの中堅金融機関アユタヤ銀行Bank of Ayudhya (BAY)の傘下クルンシリ・
アセット・マネジメントKrungsri Asset ManagementではAssets under
management (AUM) の資産金額を1850億バーツ+20%増加することを目標にします。

2012年度は16.5万口座を管理・保有していました。
2012年度AUMでは1530億バーツ、前年比+45%の増加で、同業界の全体平均21%増を
大きく上回っています。
投資信託への振り分けで1000億バーツ、プライベートファンドで300億バーツ、
残りは年金型のファンドへ振り分けられています。
2011年度は12万件の口座でしたが、こちらも前年比+54%増加しています。

今後は既存アユアヤ銀行の顧客からの誘導、オンラインチャネルからの勧誘を
進めていきます。
また資産運用としては株式運用によるターゲットファンドへの関心ある顧客への
資産運用割合も増やすとしていて、まだタイ証券取引所でもPERが割安なバリュー
投資を進めるとしています。

最高投資責任者Chief Investment Officer(CIO)のPrapas Tonpibulsak氏は
タイ証券取引所の現在の平均PERは19.26倍となっているとコメントしています。
PBRは2.55倍となっていて、まだピークでは無いとしています。
同氏のコメントではPBRは3倍まで行くとし、タイ証券取引所SET指数は2000ポイントを
越えるとコメントしています。