タイの大型インフラプロジェクト

タクシン首相時代に提案・実施されたメガ・プロジェクトはその後民主党政権に
代わった後は一時停止が多くなりましたがグリーンライン延伸事業、
パープルライン新設事業などは進んでいます。

3年内に実施される予定の大型インフラプロジェクトは以下の通り。
投資額     プロジェクト名
612億バーツ オレンジライン新設計画  タリン・チャン駅~ミンブリー駅
534億バーツ バンコク郊外高速道路建設 3道路の建設
319億バーツ タイ国際航空(THAI)による15機の購入 
318億バーツ ブルーライン新設計画   ホアランポーン駅~バンケー駅
226億バーツ パープルライン新設計画  タオプン駅~ラットブラナー駅
226億バーツ レッドライン新設計画     バンスー駅~ランシット駅
171億バーツ コジェネレーション発電プロジェクト バンコク北部

となっています。特に大量輸送機関の新設と延伸はバンコク都の渋滞解消の
切り札となることから、今後開発を急速に進めていくとしています。