インドネシア 病院

インドネシア証券取引所(IDX)上場企業で不動産開発を手掛ける
PT Lippo Karawaci,リッポー・カラワチ(LPKR)社の子会社であるPT Siloam
International Hospitalsシロアム・インターナショナル・ホスピタル(SILO)
は最大で2.3兆ルピアの新規株式公開:IPOを行う予定です。

上場で得た資金で病院事業の拡大、新規医療機器購入、新規病院の建設
負債の返済を進めます。Siloam社は1996年創業で、
1億6270万株を新規発行し14%を放出します。
主幹事はPT Ciptadana Securities:シプトラ証券が担当。
インドネシア国内の共同幹事としてPT Credit Suisse Securities Indonesia:
クレディ・スイス・インドネシア証券、グローバル担当としてGoldman Sachs Pte.
社が協力します。
また、シンガポール、香港、ロンドンにて投資家向けの説明会を開催するとしています。

インドネシア証券取引所(IDX)へは9月12日に上場予定としています。
またSiloam社はインドネシア国内にて14病院の病院事業を行い、
3,436床を保有し、今後5年内に40病院、10,000床を目指すと同社の代表の
Gershu Paul氏が発表しています。
2013年年内にメダン(南スマトラ州)、クパン(東ヌサ・トゥンガラ州)の両都市に
新病院を建設予定です。