マレーシア フェルダ・グローバル・ベンチャーズ・ホールディングス(FGVH)

フェルダ・グローバル・ベンチャーズ・ホールディングス(FGVH)が、
マレーシア証券取引所(BURSA)市場へ新規上場を果たしています。

公開価格は4.55リンギで、最終的に5.30リンギで初日の取り引きを
終えています。
新規株式公開(IPO)規模は約100億リンギで3000億円規模となりました。
アジアの証券取引所では最大のIPOとなっています。

FGVHは、アブラヤシ農園を経営する連邦土地開発庁(FELDA)の農産業部門
子会社で、パーム原油(CPO)生産で世界一、精油生産ではマレーシア国内2位。
アブラヤシ農園面積は35万ヘクタールで、2011年のアブラヤシ果房の収穫高は
520万トンになります。

また2011年度の売上は74億7500万リンギでおよそ2100億円規模になります。

マレーシアの株式指数のクアラルンプール総合指数(KLCI)指数は、6月25日
取引時間中の過去最高値(2012年4月3日の1609ポイント)を更新しています。
一時1611ポイントまで上昇しました。