インドネシア プロヴィデント・アグロ(PALM)

パーム農園の大手のプロヴィデント・アグロProvident Agro(PALM)では
事業拡大のため株主割当発行(およそ8,870億ルピア分)をおこないます。
PT Provident Agro(PALM)では21億株を放出、総株式30%分になるとしています。
得た資金分の1,300億ルピアで同業他社PT Mutiara Agam社の株式を完全取得します。
現在の株主はWest Sumatera社が株式を保有しています。

2013年の第1四半期時点で1ヘクタールあたり54,400トンのパームを生産していて
2012年度前年同期比+29.3%増になっています。
2012年度の通年の業績は売上では前年3995億ルピアから、5,992億ルピアへ伸びています。
一方純利益では前年271億ルピアからマイナス833億ルピアになっています。

同社の株主はProvident Capital Indonesia社と
Saratoga Sentra Business社がそれぞれ、43%を保有しています。
2013年度の1~9月期の売上ではRp4765億ルピアで マイナス1,419億ルピアでした。