インドネシア インフラ開発

長く待たれていたTrans-Javaの複線化工事が2014年第1四半期には開業できる
としています。
ジャワ地区の成長センターであるスラバヤSurabaya (東ジャワ)までを結ぶと
しています。
インドネシア輸送省の副大臣Bambang Susantono氏は計画はほとんど終了
していて新年までには開業可能になるとコメントしています。

Cirebon [西ジャワ]–Brebes [中央ジャワ]区間は既に完了していて
複線化としてジャカルタとペカロンガンPekalongan [中央ジャワ]の完成が
近く、セマランSemarang(中央ジャワ)–ボジョネゴロBojonegoro(東ジャワ)ー
スラバヤ地区まで伸びる予定です。
Bambang氏はインドネシア政府は97%完成していて 727km鉄道プロジェクトは
は総工費Rp9.8兆ルピアであったとしています。
また鉄道輸送量として100万TEU/年間を運べます。

複線化によって1日64本であった運行は1日200本まで増加するとしていて
一般道路、高速道路の利用を減少させる効果もある見込みです。
ジャカルタ~スラバヤ間は8.5時間で結びます。

今回の鉄道開発プロジェクトはインドネシア政府の
Master Plan for the Acceleration and Expansion of Indonesia’s
Economic Development(MP3EI)計画の一環となっています。