インドネシア インフラ事業関連

インドネシア政府は2014年以降、350億ドル規模の56事業を推進していくと
しています。
インドネシア政府は2014~2017年港湾整備8事業、空港整備2事業、
鉄道整備8事業、発電所整備5事業、上下水道整備11事業などに着手する予定
となっています。

2014年は北スマトラ州クアラ・タンジュンの港湾建設や西ジャワ州の新空港建設を
はじめとする15事業を開始します。

インドネシア政府の整備計画によると、この56事業のうち32事業は官民連携事業
PPP方式が採用される見通しです。
インドネシアではインフラ整備の遅れによる道路物流網の弱さが海外投資家からの
マイナス要因の一つになっているため開発を急がせたい考えです。