タイ セナデベロップメント(SENA)

2014年年初からタイの政情不安悪化と、経済低迷の2つの悪化要因を抱えつつ
中堅の不動産開発企業Sena Development(SENA)社では新規開発プロジェクト
を発表。
しかし売上目標を下方修正しています。

新規プロジェクトに関して10の開発案件(およそ60億~70億)を7つの開発案件
(50億バーツ規模)まで下げる計画です。
2014年第1四半期はタイの政情不安悪化が 住宅不動産購入者のマインドを
下げると見ていて、2兆バーツのインフラプロジェクトも遅延する可能性が高いと
しています。

代表のKessara Thanyalakpark氏は英字紙ネーションのインタービューにおいて
3つの開発案件は低層不動産プロジェクト、一戸建てで4つはコンドミニアムになる
としています。
2013年1~9月期までの業績は売上で12億8900万バーツ 
純利益では1億4400万バーツでした。 
2014年通年では20億バーツになるとしています。