インドネシア シンガポール シルク・エアー

シンガポールエアライン(SIA)の子会社シルクエアーでは8つの新航空機を導入
しBoeing 737-800をインドネシアで展開する計画です。
同社はシンガポール・チャンギ国際空港を拠点とする地域航空会社で
シンガポール、ブルネイ、カンボジア、インドネシア、マレーシア、
ミャンマー、フィリピン、タイ、中国、インド、ネパール、オーストラリア
などで展開しています。
主にASEAN諸国やインドシナ半島、インド、中国へのローカル路線を中心に運航す
る航空企業です。

●シンガポール国内の航空会社としては
タイガーエアー 主に短距離路線が中心のLCC。
2003年シンガポール航空がTiger Aviationに49%出資して設立。
シンガポール・チャンギ国際空港のTerminal 2を利用。
2014年1月に、フィリピンのLCC「セブパシフィック航空」と戦略的提携を実施する
と発表しています。
中国、香港、マカオ、台湾、タイ、フィリピン、インドネシア、マレーシアなどで
展開しています。

●スクート
2011年11月シンガポール航空の出資により、長距離国際線を運航する格安航空会社
(LCC)として設立。
オーストラリア、中国、台湾、タイなどの中距離、長距離路線での就航をメインと
しています。