タイ 総選挙日程の合意

タイで反政府デモを主導するステープ元副首相は、バンコクで開いた反政府集会
で演説して、タクシン元首相が絶大な影響力を持つ「タクシン体制」打倒に
向けて、5月14日(水曜)に「最後の蜂起」を開始すると宣言しています。
ステープ氏は演説で「われわれは腐敗した人間たちとは交渉しない」と述べ、
政権側との交渉・妥協に応じない立場を重ねて表明しています。
タクシン体制打倒への決意を強調しています。
また5月5日は大規模集会を予定するとしています。

今後、反タクシン派寄りとされるタイの憲法裁判所が2014年5月にインラック
首相が行った高官人事が憲法違反に当たるかどうか判決を下す見通しです。
その他にも多数案件でインラック暫定首相が失職する可能性があるとしています。

インラック政権側は、憲法裁の違憲判決で無効となった2014年2月総選挙の
やり直し選挙の日程についてタイ選挙管理委員会と協議して、2014年7月20日
投票をおこなうに同意したことを発表しています。
2014年2月のタイの総選挙をボイコットした反政権グループと最大野党民主党
側は次の選挙に向けて立候補をしていくかどうかの表明は出していません。