インドネシア MNCスカイヴィジョン(MSKY)新サービスの提供を開始

インドネシア最大の有料放送TVのPT MNC Sky Vision(MSKY)では、新しい
技術導入によるあらゆる場所での番組提供サービスを開始するとしています。
MSKY代表のRudijanto Tanoesoedibjo氏は新サービス名称を”Indovision
Everywhere & video on demand(VOD)”とし6月サービス開始としています。
この技術導入で競争激化する有料放送事業での競争力強化になるとしています。

PT MNC Sky Vision Tbk社は有料衛星放送経営大手でMNCグループの傘下です。
およそ105の国際番組、国内番組チャンネル(スポーツ、ニュース、映画、娯楽)
などをINDOVISIONブランド名で提供しています。
同社の2013年度の売上では3兆199億ルピア、純利益ではマイナス4869億ルピア
になっています。

親会社のPT Global Mediacom Tbk(BMTR)は2013年度の業績は
売上10兆199億ルピアで 純利益6203億ルピアになっています。

同社は広告事業、メディアコンテンツ事業、放送・メディア事業などを
手掛けています。
6つの子会社を展開していてPT. Media Nusantara Citra Tbk(MNCN),
PT. MNC Sky Vision(MSKY), PT. Sky Vision Networks,
PT. Infokom Elektrindo, PT. Citra Kalimantan Energi,
Global Mediacom International Ltdなどを展開しています。