インドネシア ホテル/航空市場

インドネシアのホテル・ホスピタリティ市場は確実に上昇する見込みが高いと
見られていて、不動産市場に次ぐ勢いであるとしています。
ホテル業界の指標となるRevPAR (Revenue Per Available Room) は
上流ホテルは前年同期比+22%増 中級セグメントホテルは15%増に
なっています。

東南アジアではジャカルタはまだホテルの平均金額よりも低価格で今後
Meetings, Incentives, Conferences and Events.(MICE)などのイベント
が今後増加するとしています。

航空産業も成長していて、ライオンエアーLion Air (41%),
ガルーダGaruda (23%)スリウィジャヤSriwijaya (12%) 
この大手3社だけで2012年7月には2600万人の利用者でした。

Garudaガルーダ航空は今後は2015年までに1億5000万人の利用者まで伸びるとしています。
Garuda Indonesia (GIAA)の2011年度の業績で売上は27兆1645億ルピアで
純利益では8055億ルピアでした。