マレーシア TSHリソーシズ(TSH)企業解説

マレーシア証券取引所(BURSA)のTSH Resources Bhd(TSH)では第1四半期業績で
純利益で+162%増の5217万リンギでした。
売上で2億8710万リンギで+2.3%増でした。

同社ではパームオイル耕作、製油の事業をメインにマレーシア、インドネシア、
ヨーロッパ、USAなどで展開していて、およそ81,000ヘクタールの農園を保有
しています。
メインの3事業としてパームオイル、バイオエネルギー、木材事業を展開しています。
その他にココア事業、紙パルプの森林事業などもおこなっています。
2013年度の通年の業績は売上で10億1780万リンギ、純利益1億5100万リンギでした。

パームオイル生産の同業である他の企業は
ゲンティン・プランテーションGenting Plantations Bhd(GENP)
クアラルンプール・ケポンKuala Lumpur Kepong(KLK)
IOIコーポレーション IOI Cooporation (IOI)

今後TSHではパーム油産業の長期的な見通しに楽観的なままで、マレーシア国内での
植林地を拡大しながら、インドネシア国内のアブラヤシ植林プログラムに注力を続ける
とコメントしています。