1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイのパデン・インダストリーがグリーンビジネスに参入

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイのパデン・インダストリーがグリーンビジネスに参入

亜鉛採掘の大手パデン・インダストリーPadaeng Industry(PDI)では、
Bt15億バーツを投資して”グリーンビジネスgreen business”に参入すると
しています。
代表取締役Francis Vanbellen氏はタイ政府が推進しようとしている
再生エネルギー事業、リサイクル事業、ゴミ処理ビジネスなどの事業認可を得る予定
であるとしています。

この亜鉛採掘事業の継続のままでは事業破綻の恐れもあるため、ターク県にある
亜鉛鉱の閉鎖も検討をしています。
そのため多角化事業としてグリーンビジネスへ参入します。

2013年度の通年の業績は売上で54億9500万バーツ、純利益ではマイナスの
5億3,000万バーツでした。

PDI社では24MWの太陽光発電事業、18MWの風力発電事業などを計画していて、今後の
取り組みとして3つの事業を再構築、PDI Materials社では亜鉛製品の付加価値化を
求める事業、PDI Eco社ではゴミ処理、リサイクル事業、PDI Energy社ではリサイクル
事業、発電事業を進めます。

PDI社では2014年度の業績予想は亜鉛価格が1トンあたりUS$2,200ドル以上になる
見通しで、好業績を期待しています。
2014年度の上半期の業績は売上で27億8100万バーツ、純利益では3億1400万バーツでした。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事