タイポストの概要

タイポスト社は国営企業として国際物流企業との競争でもさらに成長するとしています。
2014年8月現在、新たな代表取締役を選んでいるところですが、前任のAnusara 
Chittmittrapap氏は8月末退任予定です。
同社はタイ通信公社Communications Authority of Thailand
(現在のCAT Telecom)の郵便部門がスタートで、公社化したのは2003年に
なります。

タイポスト社は国営企業として国際物流企業との競争でもさらに成長するとしています。
2014年8月現在、新たな代表取締役を選んでいるところですが、前任のAnusara 
Chittmittrapap氏は8月末退任予定です。
同社はタイ通信公社Communications Authority of Thailand
(現在のCAT Telecom)の郵便部門がスタートで、公社化したのは2003年に
なります。

2014年時点で22,000名のスタッフが勤務し、さらなる事業拡大を目指しています。
LCCのエアアジアとも提携し”EMS Super Speed”サービスを導入しています。
また、今後アセアン域内では”One-price service”を導入予定で、各国へ
同率金額で国際便を発送する計画です。

2014年度の売上目標は200億バーツで、純利益は20億バーツを目指します。
上半期の業績は売上で106億バーツ、純利益で12億バーツでした。
ネット部門e-commerceサービス、物流サービスが好調でした。