10億USドル以下優良企業

世界的な経済誌のフォーブスアジアが発表した年商が10億ドル以下の優良企業
ランキングでタイからは9社が選定されています。
これはアジアにおける、成長期待性、売上成長率、などをもとにして
選ばれています。

タイから選ばれた9社は
アドバンスドインフォメーションテクノロジー(AIT) AISグループ ITコンサル
ダイナシティセラミック(DCC)           フロアタイル
MCSスチール(MCS)                鉄鋼
スパライ(SPALI)                 住宅不動産
STP&I(STPI) 金属&建材
プルックサーリアルエステイト(PS) 住宅不動産

MAIから3社
クオリテック(QLT)                非破壊検査
タイ・ノンデストラクティブ・テスティング(TNDT)  非破壊検査
タイナカリン・ホスピタル(TNH) 私立病院

となっています。

アセアン域内ではタイとマレーシアが9社。
シンガポールが8社。
インドネシアがBank Himpunan Saudara 1906が1社。
ベトナム1社となっています。

http://www.forbes.com/2010/09/01/bub-200-intro-asia-under-billion-10-small-companies.html

200の優良企業のSMESmall and Midsize Enterprisesに関しては151社が新しく
入っています。
リーマンブラーザーズの破綻後、急速に回復した企業、新興勢力などが入りました。

中国、香港の企業は200社のうち、71社がエントリー。
前年比で78社から下落しました。
中国企業の5900億USドルの景気刺激策もあり、大きく伸びた企業がありました。

インド企業は39社でした。
前年度は20社でした。
Manmohan Singh首相の景気刺激策で、GDP10%以上の成長を狙います。

ベトナムから初の1社でビナミルクが入っています。
日本企業は2社。
09年は24社でした。