タイのAIRAキャピタル企業解説

AIRA社(AIRA)は証券仲介、デリバティブ、投資事業をタイ国内で展開していて、
金融中堅企業です。
2014年にAIRA社はタイ証券取引所2部市場へ上場。
2014年9月、日本の消費者金融大手アイフルAiful社と合弁でタイの消費者金融
事業を開始することを発表しています。

AIRA社(AIRA)は証券仲介、デリバティブ、投資事業をタイ国内で
展開していて、金融中堅企業です。
2014年にAIRA社はタイ証券取引所2部市場へ上場。
2014年9月、日本の消費者金融大手アイフルAiful社と合弁でタイの消費者金融
事業を開始することを発表しています。
両社はバンコクで覚書に調印しています。

ターゲットは低所得者層で、直接的なライバル他社はイオングループAeon Thana
Sinsap(AEONTS)やブランド名EasyBuy(資本は日系消費者金融大手アコムAcom)
となります。
今後、新会社では増えつつあるタイの中間層・低所得者層へのアプローチ、
チャネル増を狙い、ローン地獄を防ぐ手段を増すとしていく計画です。

今後、AIRAの支店をリース事業、保険事業、消費者金融ローン事業として
支店増加を進めます。
同社ではAira Securities(証券)、Aira Factoring(ファクタリング)
Aira International Advisory(Singapore)国際業務を保有しています。

タイの中央銀行では最大貸出利率を28%/年利と設定しています。
アイフルコーポレーションAiful Corporationは登録資本金1,430億円の日本の
大手消費者金融機関です。