マレーシアのファーマ・ニアガ(PHRM)売り上げアップ

ファーマニアガ第2四半期の業績が純利益で1600万リンギで前年同期比+158%増
でした。
売上では5億2500万リンギとなり、前年同期比+20%増でした。

マレーシア証券取引所(BURSA)の上場企業であるファーマニアガPharmaniaga Bhd
(PHRM)では、第2四半期の業績が純利益で1600万リンギで前年同期比+158%増
でした。
売上では5億2500万リンギとなり、前年同期比+20%増でした。

ジェネリック医薬品製造メーカーの同社は2014年度の第2四半期に関して製造部門
での改善が大きな収益をもたらしたとしています。
2013年度は800万リンギであったのが税引き後前利益で2300万リンギでした。
マレーシア政府系病院からの発注も貢献しています。

Pharmaniaga社会長のTan Sri Lodin Wok Kamaruddin氏は、コメントの中で
マレーシアの国内市場は楽観的であり良い見通しを出しています。
また、同社ではインドネシアの医薬品製造工場を買収。
長期的に利益をもたらすとしています。

同社の2013年度の通年の業績は売上 19億4660万リンギで、
純利益5520万リンギでした。