タイのBOI政策が1月より大きく変更

12月半ばにタイの軍事政権ではタイ投資促進委員会(BOI)における2015年~2021年
の新投資奨励戦略を発表しています。
これまで製造業を中心にバンコクから離れたエリアへ向けた投資に際して、
税恩典などの優遇措置を与えてきた政策を大きく変更します。

今後はタイ国内の産業成長を促す高付加価値事業ごとに恩典を与えていく
システムになります。
まず、大きく2つのグループに分類をされ、
Aグループ(A1~A4)→ 最大8年間の法人税免除など税制優遇を与えるグループ
Bグループ(B1~B2)→ 免税措置の無いグループ

さらに追加恩典として競争力向上、地方分散、産業地区開発などの項目でメリット
による恩典を追加付与するとしています。
今後日系企業としては恩典廃止になった産業に関してタイの投資がメリットが
あるのかどうか、急遽決まった政策に関して準備が出来ていないとする意見も
出ています。