インドネシアの空港管理会社アンカサ・プラ1・2

アンカサ・プラ:Angkasa Pura社はインドネシア交通局の国営企業で、
空港管理をしています。
2つの組織があり、PT Angkasa Pura I社とPT Angkasa Pura II社
で航空管理、空港サービスを展開。
Angkasa Pura Iは本社をジャカルタに。
Angkasa Pura IIは本社をスカルノハッタ国際空港に置いています。
2010年時点で
PT Angkasa PuraIは3070万人の空港処理能力があります。
(実際は4923万人)
PT Angkasa PuraIIでは3081万人の空港処理能力があります。
(実際は6221万人)と処理能力を越えています。

1962年に設立されジャカルタのKemayoran Airport(JKT)の空港管理
からスタートしています。
アンカサ・プラ1は13の国際空港の管理を。(主にインドネシア東側)
バリ島のNgurah Rai国際空港  スラバヤのJuanda国際空港
東カリマンタンのSultan Aji Muhammad Sulaiman空港など。

アンカサ・プラ2は主にインドネシア西側の空港を管理していて、
ジャカルタのSoekarno–Hatta国際空港
南スマトラSultan Mahmud Badaruddin II国際空港などを13空港を管理。
両社ともに今後も拡張工事を進めなければならないとしています。