シンガポールのフラッグ・キャリアであるシンガポール国際航空

シンガポールのフラッグ・キャリアであるシンガポール国際航空
Singapore Airlines(SIA)では2014年度の業績は、
売上で152億4300万Sドル、純利益3億5900万Sドルと増収減益と
なっています。

2015年度はバンコクとシンガポールのルートの増加を進めるとしています。
バンコクでの政情が改善され旅行者の増加が予定するとしています。
1週間のフライト数を2本増加し、37フライト/週に設定します。
10,500席分を確保します。
この航路で最大の席数になるとしています。

まだ戒厳令がバンコクで発令中ですが、同社ではタイ国内の観光業の
回復は力強いと見ています。
政情不安がピークであった2014年度の1月~2月はSIAでは40便を
キャンセルしています。

同じ航空業界で、シンガポール証券取引所(SGX)上場の
タイガーエアウェイズ(TGR)の2014年度の業績は売上で
7億3400万Sドルで、純利益マイナス2億2300万Sドルでした。
減収減益でした。

新しいフライトSQ983はBangkok16:40PM出発、
Singapore 20:10PM到着になっています。
SIA社ではエアバスのA380を2007年から導入していて、
シンガポールから、オークランド、北京、フランクフルト、香港、
ロンドン、ロス、ムンバイ、ニューデリー、ニューヨーク、パリ、
上海、シドニー、東京、チューリヒに就航しています。