シンガポールのフラッグキャリアのシンガポールエアライン

シンガポールのフラッグキャリアのシンガポールエアライン(C6L)
Singapore Airline(SIA)シンガポール国際航空はシンガポールを
ハブとする国内航空サービス最大手です。
同社もまたテマセク・ホールディングス傘下企業となります。
同社は新規機材の導入サイクルが早く、またサービスの改善も
進めていて、世界の航空会社ランキングでも高い評価を受けています。

2014年度3月末期決算での業績は売上で152億4300万Sドル
(前年150億9800万Sドル)、純利益3億5900万Sドル
(前年3億7800万Sドル)、増収減益でした。

1947年 マラヤンエアウェイズとして設立、運航を開始して以降、
1965年 シンガポール共和国としてマレーシアから分離独立。
1972年 マレーシア航空を分離、新生シンガポール航空として運営を
開始しました。

2014年1月時点での保有期待数は104機でエアバス、
ボーイングとほぼ同数で運営しています。
今後の発注機はエアバスA350-900が主体でロールスロイスのみの
選択で、シンガポール航空のロールスロイスエンジンの採用率
が高くなるとしています。