タイの屋外看板・広告大手マスターアド

タイの屋外看板・広告大手マスターアドMASTER Ad(MACO)では、
2015年度の売上予測は前年比20%増を目指すとしています。
2014年度の業績は売上で6億2200万バーツ、
純利益では1億3300万バーツで減収減益でした。
タイの政情不安の影響で広告出稿の減少があったとしています。

CEOのNoppadon Tansalarak氏は広告ネットワークをバンコク、
郊外、地方まで広げると考えていて、14年末の8万平米から
10万平米のカバーを狙うとしています。

同社の広告スペースの75000平米は屋外広告で、5000平米は
交通機関での広告スペースを提供しています。
売上構成の88%が広告スペースマネジメント、
残り12%はイベント主催などになっています。

屋外広告部門市場ではおよそ39億バーツあり、広告看板、
デジタルサイネージ、交通機関ディスプレイ、店舗内広告、
ベンチ椅子広告などがあります。
主な競合他社として、BTSグループ傘下のVGIグローバルメディア
VGI Global Media(VGI)があり、2014年度の業績は売上で
31億9500万バーツ、純利益11億4500万バーツでした。