タイの消費者金融大手のイージーバイEasy Buy(日本のアコム出資)の見通し

タイ国内経済鈍化、世帯債務の増加に対して、
消費者金融大手のイージーバイEasy Buy(日本のアコム出資)では
クレジット(信用度)の提供は借入返済能力の幅が増加していると
予想しています。
すべての世帯が財政的な問題を抱えているわけではないとしています。

Easy Buy社ではマス市場を狙っていて同市場は重い負債を抱えていると
言われているものの、経済を牽引するキードライバーであるとしています。
同社では月収7,000バーツの収入でもEASYBUYローンを申し込むことが
出来ます。
ただし、多くの顧客の平均月収は12,000~13,000バーツであると
しています。

同社ではスコアモデルを採用し、返済能力のある潜在顧客を
スクリーニングします。
多額債務者の利用は、たとえ高収入の方でもお断りすることが
あるとしています。
Easy Buy社は日本のアコム、その他日系企業の出資で、
19年前から消費者金融事業を展開しています。
既に200万人以上の顧客を抱えます。
アイフル、武富士などもタイ王国へ参入しています。

Easy Buy社は2014年通年の業績を発表していませんが、
1月~9月期で総ローンは357億バーツでした。
(13年通年はBt329億バーツでした)