シンガポールの食品製造QAF社では2014年度の業績10億2310万Sドルの売上

シンガポール証券取引所(SGX)の上場企業で食品製造のQAF(QAF)社の
2014年度業績は売上で10億2310万Sドルで、ほぼ変わらず。
純利益では4500万Sドルでした。
13年度の3020万Sドルから大きく伸びています。
同社の豚肉事業の大幅な改善によってQAF社の純利益に大きく
貢献したとしています。
営業利益は6115万Sドルで前年4627万Sドルから伸びています。
税引き前利益は5791万Sドル、前年4221万Sドルから上昇。

同社は食品、飲料、食品加工、製パン、食品貯蔵などを
展開しています。
豚肉の販売、豚肉加工、スーパーマーケット事業、
ミルク生産、冷蔵貯蔵、食品添加物なども取り扱います。

シンガポール、マレーシア、フィリピン、オーストラリアなどで
展開しています。
また、旧社名はBen and Company Limitedで、1984年に
変更しています。