インドネシア・アストラ・アグロ・レスタリは好業績

インドネシア証券取引所(IDX)のアストラ・アグロ・レスタリ
Astra Agro Lestari(AALI)社とAustindo Nusantara Jaya
(ANJT)は14年度の売上が大きく伸びたことを発表しています。

アストラ・アグロ社はパームオイル事業、パーム農園事業を
展開していて、28万1,378ヘクタールのパーム農園を保有。
自動車大手アストラ・インターナショナル(ASII)の傘下企業に
なります。
2014年度の業績は売上で16兆3058億ルピア(28%増)で、
純利益では2兆5036億ルピア(前年比39%増)となっています。

2014年度の粗パームオイルの生産量は174万トンで、
前年比13%増になっています。
背景にはカリマンタン島でのプランテーション農園の生産量が
大きく伸び、続いてスラウェシ島、スマトラ島での貢献が
大きかったとしています。

一方で、同業のアスティンド・ヌサントラ・ジャヤ
Austindo Nusantara Jaya(ANJT)では、売上は前年比12.4%増の
1億5800万USドル、純利益では1840万USドル(前年比-18%減)
となっています。
アスティンド社はTahija財閥の運営で14年度はパプアの大規模な
不動産を取得しています。