タイ証券取引所ICT分野大手のジャスミン・インターナショナル

Jasmine Telecom社はタイ証券取引所(SET)に上場するICT大手企業。
ビジネスICTソリューションに強く、顧客先はTOTなどの大手通信会社
からのシステム受注をメインにしています。
地方の電話回線TT&T、3BBのADSLなどのブロードバンド事業者などを
傘下に収めています。

タイ証券取引所(SET)上場中であるのは1982年創業の
ジャスミンインターナショナル(JAS)で、タイ国内海外通信、
インターネット通信、データネットワークなどを手掛けていて、
2014年度の業績は総資産229億バーツ。
売上で124億1100万バーツ、純利益32億7000万バーツとなっています。

また、傘下の通信システム構築、公衆電話などを手がける
ジャスミン・テレコム(JTS)の2014年度の業績は売上で
1億2700万バーツでした。
純利益ではマイナスの1億3300万バーツ。
総資産は17億バーツとなっています。
同社のメイン事業5つの分野:通信システム統合、公衆電話設置、
試験装置、コンピューターシステム統合、セキュリティシステムと
なっています。