シンガポール各金融機関の2014年度の業績

シンガポール証券取引所(SGX)の最大金融機関DBS Group Holding 
DBSグループホールディングス(DBS)では、14年第4四半期は
8億3800万Sドルで前年同期比14%減でしたが、特別利益を除いた
成長率は4%増でした。

14年度通期では純利益40億4600万Sドルでした。
14年末の総資産は4406億Sドルで東南アジア最大の金融機関に
なります。
同行はシンガポール、香港、中国、東南アジアで展開しています。
およそ250の支店を17か国で展開しています。

第2位のOCBC:Oversea-Chinese Banking Corp,OCBC銀行では
2014年度の業績は純利益で38億4200万Sドルでした。
同行の総資産は14年度末で4012億Sドルでした。

第3位の規模を誇るUnited Overseas Bank.UOB銀行(UOB)では
第4四半期7億8600万Sドルで前年同期比1.7%増でした。
14年度通期の業績は純利益で32億4900万Sドルになっています。
総資産は3067億Sドルとなっています。