タイのTV局の制作会社ワークポイント

タイのTV局の制作会社ワークポイントWorkpoint TV(WORK)では、
デジタルTVの入札支払の第2番目の企業となりました。
関連同業のチャンネル7HDを経営する
バンコク・ブロードキャスティング&テレビジョン社も
6億8300万バーツを支払いを済ませています。

タイ国家放送通信委員会(NBTC)ではWorkpoint TV社の経営する
子会社、タイ・ブロードキャスティング社から3億3330万バーツの
支払いがあったと発表しました。
いくつかの小規模企業は支払いの延期を主張しています。
同デジタルTVの支払いに関してはBEC World(BEC),
MCOT(MCOT), Spring News(未上場),Thairath TV(未上場)
などが支払いを表明していました。

NBTCでは24のデジタル放送認可ライセンスを認め、
合計508億バーツの支払いを請求しています。

また、デジタルTV機器の切り替えを促すために各世帯へ向けて
690バーツの-デジタルTVクーポンを配布。
このクーポンも5月末に失効する予定でしたが、
2カ月延期を決定し7月末まで利用可能としています。
タイ国民の世帯では受信機DVB-T2、DVB-S2シグナルの
デジタルTV受信機購入の割引を出来るクーポンを2014年度から
配布していました。
NBTCは15年5月末に最終のクーポン配布として540万世帯に
クーポンを送り始めたと発表しています。