インドネシアの大手不動産開発企業、PTブミ・スルポンダマイが債券を発行

インドネシアの大手不動産開発企業、PTブミ・スルポンダマイ
PT Bumi Serpong Damai(BSDE)では子会社グローバルプライム
キャピタルを介して2.25億USドルの債券を発行します。
格付け会社の発表ではBa3/BB-の格付けです。
BDS社ではドル建て債券、年間6.75%のクーポン発行の計画を
立てています。
調達した資金で不動産開発用の土地を取得する、開発資金にする
計画です。

格付け大手のフィッチレーティングでは優先無担保債発行にBB-の
格付けを与えています。
フィッチ社では同社のEBITDAマージンが中期的にも40%以上を
維持できると判断しています。
BDSE社の2014年度の業績は売上で5兆5710億ルピア、
純利益では3兆8200億ルピアとなっています。

BUMI SERPONG DAMAI社は不動産開発会社でBSDシティなど大規模な
不動産開発を進めています。
住宅インフラ、商業・工業不動産、ショップハウス、ゴルフ場、
公共施設などを手掛けています。
Serpong地区、Legok地区、Cisauk地区、Pagedangan地区などで
開発を行っていて、4つの子会社PT Duta Pertiwi Tbk,
PT Sinar Mas Wisesa, PT Sinar Mas Teladan,
PT Bumi Paramudita Masなどを展開しています。

また、同社はインドネシア財閥のシナルマス・ランド・グループの
傘下です。