食品財閥のチャロンポカパーングループでは子会社を通じて空港事業

食品財閥のチャロンポカパーングループでは子会社を通じて
空港事業への参入を目指します。
同社の子会社Siam Land Flying社は、タイ空港公社
Airports of Thailand(AOT)から空港事業許認可を勝ち取り、
プライベートジェットターミナルの許可をプーケット島で展開します。
完成後はタイ国内で2番目の規模になります。
1番目はMjets Ltd社がドンムアン空港で展開するプライベート
ジェットサービス施設です。

SLF社は既に7ライの土地を確保しサービスとして燃料補給、駐機サービス、
エアクラフトレンタル、メンテナンス、その他サービスを提供可能です。
今回の事業はCPグループ総帥のDhanin Chearavanont氏の航空事業への
想いがあり3機のプライベートジェット機を保有していて、
Gulfstream 650, Bombardier Global Express,Dassault Falcon 2000
の次のステップとして空港事業へ参入を勧めたとしています。

ドンムアン国際空港を拠点とするhttp://www.mjets.com/Mジェット社は
プライベートジェットなどのチャーター機を準備する企業で、
ハリウッドなどのセレブに対してCessna Citation Bravo, CJ3,
Gulfstream G200, Gulfstream GVなどの特別機を手配しています。
通訳手配、パーソナルコーディネートなど、VIPサービスの手配も行います。