タイのデジタルソリューション事業を展開するエッグ・デジタル、売上規模を5億6000万バーツにする目標掲げる

タイのデジタルソリューション事業を展開するエッグ・デジタル
EGG DIGITAL社では、2015年度の成長率30%増を目指して売上規模を
5億6000万バーツにする目標を出しています。
同社はCPグループ、TRUEグループ傘下のAscend Group社で
No-1モバイルマーケティング会社を目指します。

同社では大手企業から中小企業へのシフトを始めていて、
100万社のSME企業のサービス利用者を目指す計画です。

1つはBrand Guardと言うサービスで同社のブランドのソーシャル
メディアにおけるブランドモニタリング調査サービスです。
2つ目はBrand Voteと言うオンライン調査サービス
3つ目はIOTalkと言う企業内のチャットアプリサービス
4つ目はFast Promoと言うSMSをベースとした CRM(customer relationship
management)サービスを提案・発表しました。

Ascend Groupは既に東南アジア内に6か国で展開していて、
5つの事業領域
<1> e-commerce,”welovershopping.com” “iTureMart”
<2> Internet data-centre business “True IDC”
<3> payment business “True Money”
<4> fulfilment service,”Aden unit”
<5> online solution “Egg Digital”を展開しています。
同社グループ全体では60億バーツ規模の売上を目指しています。