タイの自動車産業では販売台数は下方修正を発表

タイ国内の自動車販売台数は2015年度通年で75万台になると下方修正
予測となっています。

タイ国内経済の鈍化、世界経済の不安定さがあるとタイ自動車部局、
タイ工業連盟Federation of Thai Industries(FTI)の発表で
明らかになっています。

民間投資の下落、ハイヤーパーチェスのルール厳格化、農産物価格の
下落などが影響しています。
今後月間で7万台以上ずつ売れていくことが厳しいと判断しています。

15年度は7月までに95万台から85万台へ下方修正していました。

タイの初回購入自動車販売促進プログラム政策によって
タイでは2012年度は145万台が国内販売で売れて、
2013年度は133万台が国内販売で販売されました。
2014年度は88万台で前年比マイナスの33%下落の数字でした。

FTIでは8月の数字では前年同期比-9.9%で 61,988台で
2015年度1月~8月の8か月間で-15.1%で49万1,960台の
数字でした。

自動車生産台数においては前年同期比+13.2%で15万9,470台で
2015年1月~8月の8か月で+1.31の126万台となっています。