タイの携帯販売会社のJマートJay Martの子会社JASアセットは上場検討

携帯販売会社のJマートJay Mart(JMART)の子会社である
JAS Asset Plcがタイ証券取引所(SET)への上場を
検討しています。
IPOを実施すると3億7000万バーツの資本金まで増資を行います。
調達した資金で6億バーツの債務返済、新規出店の費用などへ
使用します。

IPO実施後はJAYマートの持ち株比率は100%から67%まで希釈化する
見通しでした。
2015年度末までにIT Junctionブランド(IT製品類の販売)の店舗で
+8店舗を新規出店する計画です。
59店舗まで増加します。

J Marketブランド(携帯電話端末販売)でも新規出店を計画する
予定です。
2016年度は6.7億バーツを掛けて事業拡大を進めます。

同社ではスペースのレンタル事業からの収益、端末販売の売上などで
安定的に売上を伸ばしています。
2014年度の業績は売上で92億8400万バーツで、
純利益では3憶4900万バーツの減収減益でした。

JAS Asset社の2014年度の売上4億5000万バーツ、
純利益では5480万バーツでした。
2015年度上半期は2億4900万バーツ、純利益では2850万バーツでした。