タイの通信インフラのインターネットタイランド社がデータセンターを増設

タイの通信・ADSL回線を展開するインターネットタイランド
INTERNET Thailand(INET)が2016年度にタイの地方で
3番目の大規模なデーターセンターサービスを開業することを
発表しています。

急速に拡大するクラウドサービスに対応するべく、また現在同社の
売上の40%を占めるデーターセンターサービスの拡大を目指します。
代表のMorragot Kulatumyotin氏は今後3年でクラウド関連サービス
の拡大へ向け、投資を積極化させるとしています。

2014年度から売上はおよそ30%増、5億2000万バーツ規模を
目指します。
同社はクラウドコンピューティング、インターネットアクセス、
データーセンター、ITソリューションなどを手掛けていて、
500社以上との取引があります。
70%は民間、残りが国家・政府からの受注となっています。

同社のクラウドサービスは保険、農業、銀行、不動産、病院など
あらゆる産業で利用されるとしています。
サイアムセメント社やPTTリテール社などもINET社の顧客です。
INET社はタイ国内クラウドサービス市場のシェア30%を保有し、
東南アジアでも有数のクラウドサービス提供企業となっています。