バンクラクヤットインドネシア、ペトロキミア・グレシクと融資契約を締結

国有銀行ラクヤットインドネシアBank Rakyat Indonesia(BBRI)は、
国営肥料メーカーペトロキミアグレシクPetrokimia Gresikとの
融資契約を締結しました。
生産工場の拡大などで通常ローンと為替を考慮した1.3兆ルピアと
1億3500億USドルの融資契約を結んでいます。

同行とペトロキミアは1981年創業以来の関係で継続的なサポートを
続けてきました。
今回の資金でアンモニア製造工場などを建設します。
2018年度には完成予定で66万トンの生産能力まで上昇します。

バンクラクヤット・インドネシアはインドネシア政府系金融機関で
2014年度の総資産は801兆ルピア、純利益では24兆ルピアでした。

インドネシア最古の銀行の流れを組み、1895年度に小規模金融機関
De Poerwokertosche Hulp en Spaarbank der Inlandsche Hoofdenで
開始しました。
1912年度にCentrale Kas Voor Volkscredietwezenへ変更。
1942年度にSyomin Ginkoへ変更。
その後、Bank Rakyat Indonesiaへ銀行名を変更しました。
2003年度にインドネシア証券取引所(IDX)へ上場しました。