インドネシア テレコムニカシ・インドネシア(TLKM)

インドネシア国営の携帯通信事業最大手テレコムニカシ・インドネシア
Telekomunikasi Indonesia(TLKM)では株式分割を発表しています。
同社では発表後、+3.49%株価が上昇。最終的には+6.17%増まで伸びました。
株式分割によって新規の投資家が集まるだけではなく、弱含みの株式市場に
おいて大きなプラスになるとしています。

既存1株を5株に分割することでRp10,125ルピアの株価は
Rp2,025ルピアになっています。
財務取締役のHonesti Basyir氏はこれまでは常にRp10,000ルピアを
越えていた株価は高いと見られなくなることのメリットが大きいとしています。

インドネシア証券取引所(IDX)でのジャカルタ総合指数
Jakarta Composite Index(JCI)は火曜日に3,967.84ポイントまで下がり
2012年度の初めて4000ポイント台到達から戻っています。

テレコムニカシ社の2012年度の業績は売上で77兆143億ルピア
純利益では12兆8500億ルピアになっています。