1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. マレーシアの運輸・発電のMMCコーポレーション、企業解説

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

マレーシア

マレーシアの運輸・発電のMMCコーポレーション、企業解説

MMC社はエネルギー、港湾・輸送、インフラ・建設事業の
大手企業です。
同社は発電大手マラコフMalakoff Corporation(MCB)の主要株主、
天然ガス大手ガス・マレーシアGas Malaysia(GAS)の主要株主、
水処理のアリラン・イハサン・リソースAliran Ihsan Resources社
の主要株主となります。

同社の2014年度の業績では売上87億6500万リンギ、
純利益4億9200万リンギとなっています。
同社は港湾管理、コンテナポート、発電、天然ガス、エンジニアリング、
建設サービスを展開しています。

港湾管理、港湾物流事業がコア事業でしたが、ゼネコン事業のほかに発電事業、
天然ガス事業などを購入して成長しています。
中東進出にも注力していてサウジアラビアのジェッダ・イスラミックポートを
運営するRed Sea Gateway Terminal社も保有しています。

建設・ゼネコン事業ではクランバレーでの大量輸送交通機関
Klang Valley Mass Rapid Transit(KVMRT) プロジェクトを進めています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事