タイでデジタルTV放送のアマリン・テレビジョン、新CEOが就任

デジタルTV放送のアマリン・テレビジョンAmarin Televisionが
2016年度売上4億バーツを目指します。
そのため3つの事業領域の強化を行い、番組のコンテンツ充実以外
にもマーケティングやプロモーションも積極的に進めます。

同社の親会社アマリン・プリンティングAmarin Printing and
Publishing(AMARIN)を通じてAeumsree Boonhachairat氏をCEOに
就任させています。
同氏は元ネーション・ブロードキャスティングNation Broadcasting
Corporation(NBC)のダイレクターを経験しています。

Amarin Printing社は13以上の大手雑誌を出版しており、
雑誌と連動しながらの広告提案モデルを工夫する予定です。
デジタル放送のアマリン・テレビジョンはチャンネル34にて
7億~8億バーツかけコンテンツ開発、海外コンテンツ購入を進め、
1億バーツでオンライン・屋外広告モデルへ投資を進めます。
同番組チャンネルの25%はニュース番組、75%はライフスタイル、
娯楽番組の構成です。

アマリン・プリンティング(AMARIN)社の2015年度業績は
売上20億300万バーツ、純利益4億1700万バーツとなっています。