タイの上場企業、不動産・ホテルのエラワン・グループがフィリピンへ

タイのエラワン・グループ(ERW)が展開する格安ホテルチェーンの
ホップイン(Hop Inn)ではフィリピンの首都マニラへ初進出する
ことを発表、フィリピン国内ではまだホテルニーズが高いと
しています。

2016年末までに格安ブランドHop InnをマニラのErmitaに165室
開業します。
フィリピンでは2014年~2020年までの間にメトロ・マニラのホテルが
68%増加する見通しで、2万657室から3万5281室まで増加すると
されています。

エラワン・グループ(Erawan)はタイ国内で17カ所のホテルを
運営しています。
その他にも8つのブランドで5つ星ホテルのGrand Hyatt Erawan
Bangkok、JW Marriott Bangkok、The Naka Island、
Courtyard by Marriott Bangkok、Holiday Inn Pattaya、
Mercure Bangkok SiamやIbis Hotelブランドなどのホテルを
運営しています。

その他、Erawan Bangkokというブティックモール(商業施設)や
Ploenchit Center(オフィス施設)といった複合施設を
展開しています。
2015年度業績は売上52億5500万バーツ、
純利益1億9800万バーツでした。