マレーシアのベルジャヤ・ランドはベルジャヤシティ社と不動産購入提案

マレーシアのベルジャヤ・ランドBerjaya Land(BLAND)社は
およそ1億5500万リンギでBerjaya City(BCITY)社へ871エーカーの
不動産用地の取得提案を出しました。
子会社のAlam Baiduri社を通じてBCITY社と購入契約を結びます。
今回の購入はベルジャヤ・ランドグループの長期的な収益に結び付く
と判断しています。

ベルジャヤ・ランドBerjaya Land(BLAND)社はtotoくじの運営、
自動車ディーラー、不動産開発、ホテル・リゾートの運営、
ウォ-ターテーマパークなどを手掛けています。
同社はマレーシアの複合財閥ベルジャヤ・グループの不動産、車販売、
娯楽事業部門です。
カジノシステム・設備、不動産開発・投資、ホテル・リゾート開発など
を手掛けています。
海外展開も積極的で、中国、日本などでも展開しています。

2015年度業績は売上62億8400万リンギ、純利益-2億7100万リンギでした。
2016年度第4四半期(2月~4月)では売上17億リンギ、
純利益-4億6800万リンギでした。
2017年度第1四半期(5月~7月)では売上15億5000万リンギ、
純利益-2724万リンギでした。