1. HOME
  2. ブログ
  3. インドネシア
  4. インドネシアのリッポー・グループのリッポー・カラワチ社概要

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

インドネシアのリッポー・グループのリッポー・カラワチ社概要

リッポー・カラワチLippo Karawaci(LRKR)社は
インドネシア国内不動産および都市開発事業に
従事しています。

同社の主な事業は巨額投資の都市開発、大規模統合開発、
小売モール、ヘルスケア、病院経営、ホスピタリティ、
インフラ開発、不動産管理などです。

大規模不動産開発は、大規模統合開発プロジェクトにおける
不動産取得から建設、住宅開発、道路開発、商業地開発などを
手掛けます。
リテールモール部門は開発後のショッピングセンター管理を
行っています。

ヘルスケア部門ではヘルスケアサービス活動に重点を置いています。
ホスピタリティおよびインフラ部門は、ホテル、レストラン、
タウンマネジメント、上下水処理、レクリエーション・センター、
運送、メンテナンス・サービスで構成されています。

リッポー・カラワチLippo Karawaci(LRKR)社は1990年に
設立され、インドネシアのタンゲランに本社を置いています。
従業員数はおよそ8400名です。

以前は工業団地・大規模タウンシップ開発で売上収益を
稼いでいましたが、近年の事業別売上比率(2015年)は
病院部門48%、住宅用不動産38%、資産管理業務8%、
商業用不動産6%となっています。
2016年度業績は売上10兆3250億ルピア、
純利益8820億ルピアでした。

2017年11月には日本の商社丸紅とリッポー・カラワチ
(LRKR)社との間で集約型検体検査サービス事業の共同展開を
検討する合意をしたと発表しています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事