1. HOME
  2. ブログ
  3. タイ
  4. タイでは音声通話が減少し、データ通信使用量が大幅増加

ASEAN最新動向

Latest trends in ASEAN

タイ

タイでは音声通話が減少し、データ通信使用量が大幅増加

タイ国家放送通信委員会NBTC(National Broadcasting and 
Telecommunications Commission)によると、タイ国内で
携帯電話によるデータ通信利用は2014年から2017年にかけて
6倍となり、一方で音声通話は2014年707.2億分から2017年
434.6億分に大きく減少しました。

また、タイ国内の大手携帯通信事業者(AIS、TRUE、DTAC)による
モバイルインターネットサービスのデータ通信量は、2017年に
3.29テラバイト(2014年に使用された金額の6倍以上)であったと
発表しました。
2017年の月平均データ量は1名あたり4.11ギガバイトでした。

タイでは2012年の2100MHz周波数帯のオークションと、
2015年・2016年の900MHzと1800MHz周波数帯オークションで
3G・4Gサービスが全国規模でつながったため、
一気にデータ通信使用量が増加しました。

タイ大手通信事業者3社の報告によると、携帯電話音声通話時間は
年々減少し、2017年434億分、2016年510億分、2015年628億分、
2014年707億分となっています。

また、2017年度の携帯電話番号は1億1253万件でした。
このうち、アドバンスドインフォサービスAdvanced Info Services
(ADVANC)が43%、トゥルー・コーポレーションTrue Corporation
(TRUE)が29%、トータルアクセスコミュニケーション
Total Access Communication(DTAC)が24%を占めています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事