タイ政府は海洋観光市場の成長を促進していく計画【タイ:観光】

タイ政府はタイ湾での海洋観光市場に成長可能性があるとして、
7つの新しいマリーナ計画を立て大幅に拡大する予定です。

Ocean Marina Yacht Club Pattayaでは、タイ国内の
新しいマリーナプロジェクトは東海岸と西海岸沿いに
建設されるとコメントしています。
対象となる場所はチョンブリ県、チュンポーン県、
トラット県、サムイ県、プラチュアップキリカーン県
などです。

ただし、開発にはさらなる検討が必要であり、一部の
プロジェクトは民間部門によって建設される可能性が
あります。

タイ国内には4つのマリーナクラブがあり、そのうち3クラブは
タイ湾にあります。
オーシャン・マリーナ・ヨット・クラブ・パタヤ、
サイアム・ロイヤル・ビュー・コ・チャン、
レーン・マリーナ・プランブリーでは合計615隻のバースが
あります。
アンダマン海のプーケットには736隻のバースがあります。

タイ国政府はタイ・リビエラ・プロジェクトに約70億バーツの
投資を行い、タイを東南アジアの海洋観光拠点として成長させる
ことを目標としています。

東湾岸にあるパタヤ地区はフェリーサービスを通じて
西海岸のホアヒンとつながり、パタヤを東海岸の旅行の
拠点にして成長するだろうと予測しています。

第7回オーシャン・マリーナ・パタヤ・ボート・ショー
(7th Ocean Marina Pattaya Boat Show)は
2018年11月29日~12月2日に予定されており、
同業界では20億バーツを超える取引が行われると
しています。
オーシャン・マリーナ・ヨット・クラブ・パタヤでは、
2017年に2億バーツの売上がありました。
毎年10%増で成長しています。